Sponsored Link

6.トゥイーンで徐々に透明に変化させる方法

Sponsored Link
トゥイーンを使って透明にする簡単な効果を解説します。
トゥイーンでは動きを与える以外に
徐々に透明にすることや色の変化など
様々なバリエーションの効果を演出できます。

前の記事
4.レイヤーに追加・文字を移動して動かしてみる(アニメーション・キーフレーム・トゥイーン)
で作ったファイルを開いて下さい。

また以下のファイルを右クリックしてファイルを保存して
使ってもらっても構いません。
test.csf

以下の解説図は、各部の番号と名称です。
20110117195217.png

●●●徐々に透明にして見えなくする●●●
再び1フレーム目から作業するので
30フレームを右クリックして「削除」を選びます。
20110123201121.png

ここで今度は50フレームのところで右クリックし
「キーフレーム追加」を選びます。
この段階でピンクの帯が出ていますが、これは
1フレーム目のトゥイーンが解除されていないためです。
このままで良いです。
20110123201748.png

Dの場所の「カラー」と書かれたタブをクリックし
不透明度のスライダーを左に動かして0にします。
20110123201625.png

これだけで透明に変化するトゥイーンが完成しました。
プレビューを見ます。
キーボードのF5キーを押して確認して下さい。

ちなみに、不透明度スライダーの上に輝度スライダーが
ありますが、輝度とは値が大きくなると
徐々に明るく(白く)なる効果です。
画像などで徐々に白さを増していく際などに使います。

次回はこの透明になったトゥイーンの続きとして
徐々に表示させる動くを追加しますので
名前を「test2.csf」として保存して下さい。

お疲れ様でした。6



※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。
Sponsored Link
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。