Sponsored Link

4.レイヤーに追加・文字を移動して動かしてみる(アニメーション・キーフレーム・トゥイーン)

Sponsored Link
以前の記事
2・Suzukaの新規作成・設定・素材の用意(インポート)
で追加した文字をレイヤーに追加して、動かしてみます。

以下の解説図は、各部の番号と名称です。
20110117195217.png

Aの場所は以下のようになっていると思います。
20110119211238.png


それを実際に表示させるには、上の図の「下に動きます」と
書かれた部分を右クリックし、「レイヤーに追加」を選びます。
20110119211253.png

するとBの部分が以下のようになります。
20110119211307.png
Bの左部分はレイヤーと言って、アニメーションでいうセル画です。
つまり白い背景レイヤーの上に、下に動きますというレイヤー
重なっています。


Cの部分が以下のようになります。
20110119211738.png
マウスをCの部分の左上に持って行き
作業しやすいように50%を100%にします。


Bの部分の細かい升目が多数ある部分は。時間軸を表します
20110119212950.gif
2・Suzukaの新規作成・設定・素材の用意(インポート)
でプロジェクトのプロパティのFPSを30に設定しました。
20110117204414.png

ということは升目の30(30フレームという)のところで1秒ということです。

ちょっと一休み
Image041.jpg


下の図のように、下に動きますというレイヤー
右側の、30フレームの部分で右クリックし
「キーフレームを追加」選びます。
20110119204317.png

そのまま、マウスをCの部分の左上に持って行き
下に動きますという文字自体をやや下に
ドラッグして移動します。
20110119211908.png

再びBの部分の今度は1フレーム目をクリック。
20110119212201.png

次にDのトゥイーンと書かれた場所にチェックを入れます。
20110119212418.png


すると、30フレームまでピンクでつながります。
20110119212553.png

さあ出来上がりです。
この状態でメニューバーの
ウィンドウ - プレビュー(またはF5キー)を
押してみてください。
文字が下に移動すると思います。
手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)


とりあえず今回はここまで。
保存しておいてください。



※記事内容は掲載時点での情報であり変更されている可能性もありますのでご了承下さい。事前に各施設などにお問い合わせください。
Sponsored Link
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。